とり天と大分地鶏専門店「とり天ルドゥー」

とり天ルドゥー①
今回ご紹介する「とり天ルドゥー」は、中央区天神のアクロス福岡の目の前にある、水鏡天満宮、その横にある『博多名物うまかもん通り』の一角にお店があります。 古民家のような入口で、店内も照明を落とした落ち着いた雰囲気となっていています。 「とり天ルドゥー」は、大分の高級地鶏「豊の軍鶏」・大分名物「とり天」といった幅広い鶏料理を提供しています。とり天は、一見すると、からあげと変わらない様に…

詳細


にし川

にし川④
その日は久々に前職の先輩と同僚と飲むことになり、すっかり秋めいてきたこともあってお鍋も用意できるお店としてセレクトしました。春吉の路地にあるビルの2階にひっそりとお店を構えて早11年になるそうです。店主の西川さんに挨拶をして奥のテーブル席をご案内されました。 お酒メインになることは分かっていましたので、コースではなくアラカルトメニューをオーダーしました。 雰囲気の割にはガッツリとお腹…

詳細


一丁目の魚屋

外観
薬院六ッ角近くに先週オープンした『一丁目の魚屋』。 『とりかわ粋恭』の隣りあたりにあります。 大分の水産卸会社直営で、とにかく安くて新鮮な魚介が気軽に堪能できるお店です♪ 開放的な明るい店内で、女性のお一人さまでも気軽に立ち寄れそう。 料理は、お店一押しの「一丁目の刺盛り」や、小さなポーションでも楽しめる「サザエの壺焼き」、「蟹クリームコロッケ」、「摘みたてエリンギ…

詳細


肉番星

肉1
今日ご紹介するのは、美野島の肉番星。 路地裏なので分かりづらいです。 創業時にお世話になった中華料理屋に行くべく、久しぶりに行った美野島。 その時に目にしたのがこのお店。 ガラス越しに下町のホルモン店的ないでたちがそそります。 カウンター(8席)と座席(4席)×2つの小さなお店です。 店内はモクモクで匂いがかなり付きそう! スーツで行ったことを激しく後悔…(T_T) …

詳細


小笹飯店

小笹飯店2
今回のスタッフおすすめのお店は中央区小笹にある「小笹飯店」さんです。 こちらのお店はいつも満員でほとんどのお客さんが注文する「とりみそ定食」が最高!! むね肉なのに味が濃く揚げているのでカリカリ。白ご飯にとてもよく合う味です。 一番好きなのは、一緒に出てくるワカメスープ。一口目は気を付けないとヤケドしてしまうくらいアツアツで、そのアツアツを飲むのが楽しみになってきます。 ぜひ一度行…

詳細


原始ろばた焼 ホワイトハウス

ホワイトハウス
六本松の藁焼き居酒屋ホワイトハウスをご紹介します。 外からもよく目立つ、白い暖簾をくぐると、厨房から威勢の良い声が上がります。 店内は落ち着いた雰囲気で木のぬくもりを感じます。 牛タン塩焼き、とうもろこしの天ぷら、厚切りベーコン、キノコのホイル焼き等オーダーしました。どれも美味しくお酒によく合いますが、私のお気に入りはとうもろこしの天ぷらです。 食材をわらで焼き上げる『わら…

詳細


バリうま29

29④
今回のおすすめ店舗は、最近何かと話題のエリア地下鉄七隈線六本松駅から近い「バリうま29」です。 別府橋交差点から笹丘方面へ進み、樋井川沿いの1-2階になります。1階が精肉店、2階が焼肉屋として営業されています。 肉卸業者の直営店なので、お肉の鮮度・質・量は言うことなしでそれを比較的リーズナブルな価格で堪能できるのが魅力ですし、単品・コースと選べるのでファミリーで行くもよし、カップルや会社の…

詳細


STANDING BAR SHIFT(スタンディングバーシフト)

pipipi-thumbnail2
アフター7からトップギアにシフトチェンジ「STANDING BAR SHIFT」をご紹介します。 こちらのお店は、天神西通り沿いの無印から大名に入って行き、1Fにアパレル「ヒステリックグラマー」のあるビル4Fにあります(ビル向いにプラザホテルプルミエがあります)。 こちらのお店は、お店に入ったらまずチケットを購入し、チケットと種類豊富なドリンクやフードと交換するというシンプルで、利用しやす…

詳細


BUTABARA TO THE WORLD(ブタバラトゥザワールド)

無題
焼とりの八兵衛セカンドブランドになり、ブタバラを楽しむ焼とり大衆酒場というかんじです。 焼とりと言えば「ブタバラ」博多特有の焼き鳥の文化を前面に出したお店です。従来の「焼とりの八兵衛」より分かりやすく、よりリーズナブルで、より親しみやすい店づくりで、博多の焼とりの代名詞とも言える豚バラの焼とり(串焼き)を専門的にしたお店になっております。 屋台というかバルのような外から見える店…

詳細


ココペリ (KOKOPELLI)

150x150_square_63859850
糸島の実家へ戻ったときに前から気になっていたカレーのお店『ココペリ』へ行ってきました。 『ココペリ』は、ネイティブインディアンの精霊(人間と神様の間の存在)という意味です。 お店は可愛い一軒家で、お店というより普通のお洒落な家にお邪魔するような感じです。 お店なのに玄関でスリッパに履きかえ、階段を登って店内へ... 大きくて開放的な窓の先は一面に広がる玄界灘で、日が沈む頃にはキ…

詳細