withコロナ

最近TVでよくwithコロナという言葉を聞きます。
今までは、「afterコロナ」と言われていましたが、ここまで世界に広がったコロナ自体が無くなることは無いと思われますので、「withコロナ」時代に私たちが何をすべきか、私なりに少し考えてみました。

過去のスペイン風邪等もそうだったと聞いていますが、ワクチンが開発されていない新種のウイルスは、一旦は感染がおさまっても、第二波、第三波という新たな感染の波となって襲ってくるそうです。
一方、森林などの野生動物の生息環境が破壊されていったことにより、未知のウイルスを持つ野生動物と人との距離が近くなることにより「新たなウイルス」が出現する確率も高くなっているとも聞いています。
今までは、今回のようなパンデミックは、100年周期で発生すると言われていますが…今後は、もっと早い周期で今回のようなパンデミックが発生する可能性もあるかもしれません。
我々は、コロナのようなウイルスと共存していく必要があるようです。そして今回の「withコロナ」は、私たちの生活や仕事の有り様を今までとは大きく変えています。

仕事では、弊社でも実施していましたが、人との接触を8割まで減らすための「テレワーク」や「オンラインツールを使った会議やミーティング」そして「オンライン研修」など、ここ最近で、一気に経験してしまいました。
これは、社内だけのことではなく、お客さまとのミーティングも画面越しの打合せになり、まるで壮大な社会実験を行なっているようでしたし、今後もこの流れは継続していくと思います。
そして、今年は夏場でもマスクが必要で、県を超えるような移動も、暫くは自粛が続き、この不便な生活が、本当に当たり前の日常になるのかもしれません。
我々は、どんな時代がこようと私たちは、その変化に適応していけるような覚悟が必要になりそうです! 絶対に負けないように一緒に乗り越えていきましょう!
M.K(三苫防衛隊!)
オンライン

~中央区・博多駅周辺エリアの貸し店舗、テナント物件に強い「リーシングサポート」が、福岡市内の貸し店舗探しをサポート! 福岡市を中心とした豊富な物件情報から、お探しの居抜き物件、飲食店舗、物販店舗、美容室、サービス業などにぴったりの物件をご紹介させていただきます! お気軽にお問い合わせください。~
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>